FC2ブログ

るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

03-21

2019

マルクと可憐ちゃん







調子がいまひとつの




▼ マルクですが
20190320-DSC_1687.jpg




昨日帰宅すると 。。。




▼ バリバリ爪とぎ!
20190320-DSC_1632.jpg



▼ まあまあ大丈夫そうです。
20190320-DSC_1681.jpg




食欲のほうも、

食べられないわけではなさそうで

自らちょっとですが食べてはいます。

でも、

いつも食べているのとは

違うのが食べたいようで 。。。




▼ あら珍しいこと
20190319-DSC_6933.jpg




可憐ちゃんの食べ残しを




▼ 食べ始めましたよ!
20190319-DSC_6931.jpg




可憐ちゃん、

マルクに少しちょうだいね。




▼ あら、ご不満?
20190319-DSC_6932.jpg




大好きなマルクのためでしょ?




▼ ご不満なのね!
20190319-DSC_6947.jpg




それとこれとは

話が違うようです 。。。



可憐ちゃんは、

今は歯肉炎の痛みも

注射が効いているようで




▼ 食いしん坊復活!
20190319-DSC_6994.jpg




でもやっぱり

カリカリではなくて




▼ 軟らかいものが食べたいみたい。
20190319-DSC_6993.jpg




鶏のササミを買ってありますよ、

お値段 。。。




▼ ニャンニャンニャン!
20190319-DSC_6988.jpg




。。。






。。。 今朝のマルクさん 。。。




▼ まだ調子はよくないようですが、
20190321-DSC_7024.jpg



▼ 外が気になるほどには元気です。
20190321-DSC_7025.jpg




朝ゴハンはあまり食べず

ほとんど残していたら 。。。




▼ 今度はお返しとばかり
20190321-DSC_7012.jpg



▼ 可憐ちゃんが横取り!
20190321-DSC_7015.jpg



▼ マルク、怒ってるね
20190321-DSC_7019.jpg



▼ ペロッ!
20190321-DSC_7016.jpg




。。。



そんなマルクと可憐ちゃん、

今は 。。。




▼ 仲良く棚にいますよ。
20190321-DSC_7051.jpg



▼ 仲良くってわけでもないけどね
20190321-DSC_7050.jpg



▼ ゆっくり休んで
20190321-DSC_7055.jpg



▼ しっかり回復してね
20190321-DSC_7061.jpg




可憐ちゃんは 。。。




▼ 今日は病院だからね!
20190321-DSC_7054.jpg




歯肉炎のお薬について

先生に相談しに行ってきます。




▼ おとなしく捕獲されてね!
20190321-DSC_7059.jpg




夕方に病院の予約しました。

可憐ちゃんを捕まえることを考えると

朝からドキドキが止まりません。




▼ 首尾よく捕まえられますように!
20190321-DSC_7062.jpg





スポンサーサイト

03-20

2019

繰り返す不調








2月末の不調期から脱して

元気に過ごしていたマルク 。。。

また4、5日ほど前から




▼ 少々元気がない
20190318-DSC_6880.jpg




前回復活してからの好調は

1週間しか続きませんでした。

おとといから一日中棚の上、

わたしが帰ってきたときも




▼ 下りてくることはなく
20190318-DSC_6879.jpg




しばらくしてやっと下りてきても




▼ 明らかにしんどそう
20190318-DSC_6883.jpg



▼ ゴハンも食べたくなさそうです
20190318-DSC_6885.jpg




もうあと1~2週間は

元気な日が続くと思ってましたが

今回は短かったですね。

今年に入ってから

3分の1以上が不調の日です。

これがだんだん

拮抗してくるのかもしれないと

不安はありますが

治療のしようがありませんから

ただ見守って

穏やかに過ごさせるしかありません。




▼ 自らお風呂場に
20190318-DSC_6894.jpg




静かなところで

他の猫たちから

離れていたいようです。




▼ ここがいいのよねー
20190318-DSC_6896.jpg



▼ わたしも一緒に過ごします
20190318-DSC_6887.jpg



▼ 血栓が詰まりませんように 。。。
20190318-DSC_6890.jpg




去年、

マルクの足が麻痺していたときに

「犬のためのマッサージ」のDVDを

借して下さる方がいて、

長らくお借りしてたくさん見て

マッサージのコツを覚えました。

リンパマッサージを

足の付け根を中心に施します。

マルクも気持ちよさそうにして

しばらくすると




▼ ゴハンを少し食べました。
20190318-DSC_6898.jpg




自分から少しでも

食べてくれているので

そこまで深刻ではなさそうですね。

呼吸は少し速め、

1分間に36回ほど。

いつもの5割増しくらい。

そしてその晩はそのまま

バスタブのなかで寝ていました。




翌朝、




▼ 昨日の朝です。
20190319-DSC_6905.jpg



▼ まだしんどそうですが
20190319-DSC_6910.jpg



▼ ここに出てきたのであれば
20190319-DSC_6906.jpg



▼ 悪くなってはなさそうです
20190319-DSC_6907.jpg



▼ 貧血で苦しいのね
20190319-DSC_6913.jpg



▼ 朝はこの場所から動かず
20190319-DSC_6914.jpg




お行儀が悪いですけど

わたしはテーブルの上に乗って




▼ マルクに注射をします。
20190319-DSC_6909.jpg




ずいぶん痩せてしまいましたから

薄くなった皮を引っ張りあげて

皮下注射をするのは

ためらわれるものですが

それよりも血栓が再発することのほうが

怖いことですから。

マルクはいつも注射の時

動くこともなく

とてもお利口さんです。




▼ じゃあね、会社に行ってくるよ
20190319-DSC_6908.jpg




そうしてわたしが

テーブルから下りようとすると 。。。




▼ あらまあうりくん
20190319-DSC_6915.jpg



▼ こんなところに転がってると
20190319-DSC_6916.jpg



▼ うっかり踏んづけちゃいますよ!
20190319-DSC_6917.jpg




うりくんを踏まないように、

わたしも転ばないように

慎重にテーブルから下ります。




▼ まったくお気楽だねぇ
20190319-DSC_6918.jpg



▼ うり坊は!
20190319-DSC_6919.jpg




マルクのことを心配しながらも

うりくんの無邪気さに




▼ 心がほぐされるようです。
20190319-DSC_6920.jpg





。。。 そして今朝も

昨日と同じような朝でした。




。。。 マルクはこんな感じです。




昨日はおとといよりも

少し食欲は戻ってきたようです。




この一年、

こういう好不調を繰り返しながら

過ごしてきていますから、

またきっと今度も

同じように回復してくれると思います。











03-18

2019

ルーク先輩に似てる?






この週末は久しぶりに

何も予定がなく

のんびり過ごした休日でした。



昼間ちょっとお出かけして

家に戻ってきたら




▼ 窓際に可憐ちゃん
20190317-DSC_6831.jpg




でも、他の猫たち

マルクとうりくんが見当たりません。

きっとマルクは自分でクローゼットを開けて

中に入っているのかと思いましたが

クローゼットは開いていません。




▼ みんなどこに行ったの?
20190317-DSC_6833.jpg




引き出しを開けて中にこもっているのか

棚の中に入っているのか

思い当るところを探しても見つかりません。

うりくんの居場所も

さっぱり見当がつきません。

いつもあんなに返事をしてくれるのに

呼べども返事はなし 。。。






▼ あ!
20190317-DSC_6828.jpg



▼ マルク発見!
20190317-DSC_6835.jpg




なーんだ




▼ こんなところにいたのね
20190317-DSC_6827.jpg




さてさて次はうりくんです。

うりくんどこなのーー?




▼ あ!
20190317-DSC_6812.jpg



▼ その可愛いあんよは~
20190317-DSC_6813.jpg



▼ うりくん
20190317-DSC_6811.jpg



▼ 発見!
20190317-DSC_6817.jpg




こんなときこそ

返事をしてほしいのに




▼ うりくん!
20190317-DSC_6822.jpg



▼ 返事が遅いよー!
20190317-DSC_6825.jpg




それにしても本当にうりくんは

ルークと同じ 行動をしますよ。

面白いですね。



でも 。。。




▼ ルークよりも
20190317-DSC_6848.jpg



▼ ちょっとばかり
20190317-DSC_6842.jpg



▼ いたずらっコでもありますね
20190317-DSC_6839.jpg



▼ 絶対なにかする気でしょ?
20190317-DSC_6841.jpg



▼ バレてますよ!
20190317-DSC_6840.jpg



▼ 案の定 。。。
clip_now_20190318_124725.jpg



▼ こらこらうりくん
clip_now_20190318_124646.jpg



▼ マルクをそっとしてあげてね!
clip_now_20190318_124800.jpg




。。。 なんて優しく言ったって

うりくん聞くわけありません!

この後マルクは




▼ しつこいうりくんに
clip_now_20190318_124546.jpg



▼ 追い出されました 。。。
clip_now_20190318_124600.jpg




まったくもう




▼ 悪いヤツめ!
20190309-DSC_6422.jpg




ルーク先輩より数段上の




▼ いたずらっコうりくんです!
20190309-DSC_6423.jpg










03-17

2019

可憐ちゃんの口腔内事情






先週の日曜日に

病院に行ってきてから一週間、

注射が効いているようですね




▼ 食べてますよ
20190312-DSC_6641.jpg



▼ 食いしん坊の可憐ちゃん
20190313-DSC_6662.jpg



▼ 復活ですね
20190313-DSC_6666.jpg




可憐ちゃんの歯肉炎、

歯茎の炎症は

重症とまではいかないまでも

軽症というレベルは超えていたかも。

病院の後も何日かは




▼ カリカリは食べない
20190312-DSC_6594.jpg



▼ それそれ
20190312-DSC_6595.jpg



▼ お刺身なら食べるって!
20190312-DSC_6596.jpg




しばらくの間は

毎日お刺身やなまりぶし。




▼ わたしのマグロ~~
20190312-DSC_6603.jpg



▼ 可憐ちゃんが喜んで食べてくれました
20190312-DSC_6598.jpg





お口の痛みはだんだん取れてきたらしく

何日かすると

カリカリもちゃんと食べるようになりました。




。。。



可憐ちゃんは2年前、犬歯と少しの前歯を残して奥の方の歯は全部抜歯しています。

外での生活が長かったこともあり、カリシウイルス感染によるものと思われる重度の歯肉炎の痛みのため抜歯するしかありませんでした。

抜歯してしばらく後、歯肉炎再発予防のため「インターベリーα」というお薬を1か月の間3日に1回、計10回塗りました。

可憐ちゃんを捕まえて歯茎にその薬を指で塗るのです。

いやまあ 。。。 我ながらそんなことよくやったと思います。

3日に一度捕まえるのですよ!その後1年間は薬の効果が持続し歯肉炎は悪化しないということでした。実際それからしばらくは「インターベリーα」のおかげで悪化が防げていたのだと思います。


お薬を使ったのは2017年4月。本当なら去年、1年経ったところで可憐ちゃんの歯肉炎の状態を確認して、悪化しそうであれば再びお薬を塗ることにすればよかったのです。



ですが 。。。



去年はマルクのこともあり、可憐ちゃんのことは気にはなりつつもそのままにしてしまいました。

マルクに毎朝晩お薬を飲ませて、注射もしなくちゃならないし、その上可憐ちゃんを捕まえてお薬を塗るなんて!!!とてもわたしには、やりきる自信がありませんでしたから。



。。。 と言うか 。。。



なんだかんだ言っても、やっぱり 。。。

わたしが可憐ちゃんを捕まえるのがいまだに怖いというのが一番の理由ですね。

でも、もうそんなこと言ってる場合ではありません!

可憐ちゃんにお薬を塗らなければ今度こそ可憐ちゃんの歯は、せっかく残した犬歯も全部抜歯することになります。それは本当に避けたいです。

捕まえるときはわたしの心臓はバクバクですし、それに捕まえるたびにお漏らしされたりするのも、片づけるのが大変なのでやりたくありませんが、やらないと悪化するのは目に見えているし、全顎抜歯はあまりにもかわいそうです。

わたしも今度こそ覚悟を決めて、3日に一度、1か月間頑張りたいと思います。

ただ、「インターベリーα」の効果は歯と歯肉の境目の炎症の度合いが軽度の場合に効果がみられるお薬ということなので、遅きに失したかもしれません。




注射で痛み止めの効果が

続いているうちに

再度病院に連れて行って

先生に相談してこようと思います。




▼ また病院ね!
20190315-DSC_1546.jpg



▼ かんばろうね!
20190223-DSC_0953.jpg




わたしもね!








03-13

2019

可憐ちゃん、久しぶりの病院








いつも控えめに

マルクを見守ってくれている




▼ 可憐ちゃん 。。。
20190304-DSC_6063.jpg




▼ ノラ猫生活が長かったせいか
20190301-DSC_6012.jpg



▼ かなりの食いしん坊
20190301-DSC_6013.jpg



▼ 油断してると
20190301-DSC_6014.jpg



▼ コラコラわたしの!
20190301-DSC_6016.jpg




人の食べ物も大好きですし




▼ お皿の前でスタンバイする姿は
20181017-DSC_1833.jpg




ルーク先輩から引き継いだ みたいですね。




マルクの近くにいて

じっと見つめているときも




▼ 実はマルクを見守っているというか
20190304-DSC_6104.jpg



▼ ゴハンが目当てみたいな??
20190304-DSC_6108.jpg




食欲旺盛は大いに結構なことです。

だって可憐ちゃんは

何か月かおきに

パタっと食べなくなることがありますからね。



原因は

カリカリに飽きちゃうのか

お腹の調子が悪いのか


もしくは 。。。

可憐ちゃんの場合一番心配なのは

歯肉炎の再発、悪化です。





最近の可憐ちゃん、

ゴハンの催促はするものの

食べる量が少ないのは気になっていました。

首を傾けながら食べるのも

口の中に何かがあるときの食べ方です。

そしてとうとう

大好きななまりぶしも




▼ 食べない
20190310-DSC_6453.jpg




あろうことか

ちゅーるでさえ食べないという

最悪の状態になりました。



とにかくこれは

病院に連れて行くしかないと



日曜日の朝 。。。




▼ はい捕獲!
20190310-DSC_6464.jpg




なんてね 。。。

そんな簡単じゃありませんから!



まずは部屋を仕切って、




▼ ソファーの後ろに隠れている可憐ちゃんに
20190310-DSC_6457.jpg



▼ さ、捕まえますよ!
20190310-DSC_6455.jpg




そう宣言して

追いかけっこが始まるのです。

もちろん、

毎回捕まえるための工夫はこらしますが

そんなのに引っかかってくれるわけなく

結局は 。。。

大声で鳴き叫びながら

縦横無尽に逃げ回る可憐ちゃんを

部屋の隅に追い詰めて

大きな布で覆って捕まえるという

毎度毎度の捕り物帳。

やっぱり今回も

オシッコをおもらしされちゃいました。



捕まえられることが

可憐ちゃんにとっては

どんなに恐怖を感じることなのか

それを思うと




▼ わたしの心も痛みます
20190310-DSC_6460.jpg




でもそうは言ってられないわけで




▼ 病院へGOですよ!
20190310-DSC_6462.jpg




病院ではまず先生に

口の中を診てもらいました。



可憐ちゃんの歯茎、前のほう 。。。

犬歯のところの歯茎が真っ赤でした。



食欲不振の原因として

消化器系の病気のことも

考えられるとは思いますが、

いろんな状況からして

今回の食べない原因は

おそらくこれだったのだと思います。



病院では

2週間効果のある抗菌剤の注射、

おなじく2週間効果のステロイド注射、

まずはこれで

可憐ちゃんの痛みの原因をとって

それで食べるようになるか

様子を見てみましょう 。。。 と

そういうことになりました。




家に帰った可憐ちゃん 。。。




▼ ちょっと怖い 。。。
20190310-DSC_6478.jpg




怒っているようにも見えますね。

でも、これで痛みがなくなってくれれば

ゴハンも食べられるはず。

さすがにすぐにとはいきませんでしたが

何時間かたって 。。。




▼ ちゅーるだよ
20190310-DSC_6479.jpg



▼ 食べてるね!
20190310-DSC_6484.jpg



▼ よかった!
20190310-DSC_6480.jpg




やれやれ 。。。

まずはやれやれです。



ですが 。。。

注射が切れたあとが問題ですね。



さて 。。。

どうしましょう。



悩める飼い主の独り言は

次回に続きます 。。。