るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

01-26

2017

スコティッシュフォールドを知っていますか?







昨年最後の「ゆめネコ譲渡会」、ただ何気なく遊びに行ったつもりのわたし。何のはずみかその場で折れ耳の子ネコ「うりくん」の譲渡を申し出るという思わぬ展開になったわけですが 。。。


ある日突然地域猫の餌場に現れたこの子ネコは捨て猫か迷い猫か、素性はわかりません。保護主さんは迷い猫だと思って飼い主を捜したそうですが見つからず、一か月ほどお外で暮らした後保護された猫ちゃんです。




▼ 里親募集の可愛い写真
727144.jpg




保護された後もずっと人に懐かず、最初は何の意思表示も見せないほど人を拒否して固まっているだけだったけれど、少しずつ怒るという形では反応を見せるようになったという状態。


ルークが亡くなった後、いずれはまた新入り猫ちゃんを迎えるということは考えの中にありましたが、このタイミングでというのはまったくの予定外。しかもわが家に仲間入りする新入り猫としてうりくんを希望したことは、”熟考の末”とはほど遠い”その場の勢い”のようなものでもありました。




そんなうりくん、暮れも押し迫った 2016年12月30日 わが家にやって来ました。




▼ 久しぶりにケージ組立
201701-PC307144.jpg



▼ うちで初めて撮った写真
201701-PC307145.jpg




ケージの隅にじっとしていますが、初めからごはんも食べトイレも問題なく、人馴れしていない猫とは言えさすが子ネコ、こういうところは最初から隠れてまったく姿を見せてくれなかった可憐ちゃんとは大違いです。




▼ 折れた耳
201701-PC307150.jpg




うりくん、耳の折れたその風貌からお分かりの通り、まさに「スコティッシュフォールド」です。


スコティッシュフォールドの特徴であるこの愛らしい折れた耳、これが何を意味するか知っていますか?


これについてはネット上で検索してみても多くの情報があります。その中でも、わたしが紹介したい記事のリンクを貼りますので、是非これを読んでみてください。



スコティッシュフォールドは「品種」ではなく「遺伝子疾患」であるという

http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/37218594.html


痛みを抱えて生きなければならない猫を減らすために伝えてほしいという獣医師

http://azuminoah.blog.fc2.com/blog-entry-74.html




わたしがうりくんを迷った大きな理由はまさにこれなのです。


スコティッシュフォールドについて、わたしはその遺伝的な骨の病気のことについてはおぼろげながら知っていました。うりくんは将来病気になる可能性が高く、しかもそれは治療法のない重篤な病気で、発症したら苦しむことになるかもしれない、それがわかっていて一緒に暮らしていくということがどんなに不安なことか、病気を発症してしまったらどんなに辛いだろうかと考えずにはいられませんでした。まだルークを亡くしてからそう日も経っておらず、胸の痛みはやわらいでなんていません。



。。。 なにもわたしが引き受けなくても 。。。



一緒に暮らす猫は健康で長生きしてほしい、そう思うのは当然のこと。もちろんわたしも当たり前にそう思います。4年前に消化器のリンパ腫で亡くなったみかんちゃん、何もしてあげられることはなく発症してからの3か月は本当に辛かった 。。。 さらには失ったばかりのルークのこと 。。。 去年4月から首の嚢胞に苦しんだルークと過ごした日々、なんでこんな変な病気になっちゃったかな、どうしてあげたらいいのかな、毎日毎日悩んで過ごすしかなかった7カ月間、あんな病気にさえならなかったら今もまだ元気に過ごしていたのにな 。。。 もうあんな思いをしたくはないのです。



。。。 そのうちだれか飼育経験豊かな里親希望者が現れて、うりくんを幸せにしてくれるんじゃないかな 。。。



辛い病気を発症してしまうリスクを背負ってスコティッシュフォールドとして生まれてきてしまったうりくん、しかしそうは言ってもうりくんだってどこかで生きていかなければなりません。いずれ誰かのおうちで幸せになるかもしれないけれど、このまままだしばらくは保護主さんのもとで人間を拒否したままケージ暮らしが続くかもしれない。



。。。 病気になる前に安心して暮らせるおうちで過ごしてほしいな 。。。



詳しくは分からないけれど、骨の病気になったらその痛みから活発に遊ぶことができなくなるらしい。そんなことになる前に、元気な遊びたい盛りの子ネコらしく楽しくいっぱい遊んで、幸せな時間はいっときでも長いほうがいいだろうに。



。。。 早くケージから出たいよね 。。。



まだ子ネコ、今は元気そう。遺伝学的な数値はさておき今後病気を発症するかどうか、病気になるかもしれないし、ならないかもしれない、要するにこれは半々なわけです。でも考えてみればどの猫ちゃんだってそう、みかんちゃんやルークはそれなりに長生きしたほうだと思うけれど、不幸にして若くして何らかの病気を発症し長く生きられない猫ちゃんだっていっぱいいるんです。



。。。 どの猫ちゃんだって一緒なんだよな 。。。



譲渡会の会場で初めてうりくんに目を留め、それまでに募集猫のホームページでたくさんの猫ちゃんを見てきた中で、正直に言えばこのうりくんについてはまったく気に留めていませんでした。けれども保護主さんとうりくんの話しをしているうちに、うりくんのことが気になってきました。それはこの猫の宿命を考えた時に心に感じた痛みからだったかもしれません。



。。。 うちに来る? 。。。



あぁ 。。。 とうとう発してしまった 。。。 愛あふれる使命感に促され確固たる意志をもってという立派なものではありません。おそるおそる、ぐずぐずした逡巡の中で、もしかしたら憐憫の情にかられただけかもしれないおぼつかない決断でした。もし今後うりくんが病気を発症したときに、わたしはこの決断を呪うかもしれません。病気になってもわたしがしっかり面倒見るからねと、そんな強い心も持っていません。ただただうりくんがこのまま病気を発症することなくずっと元気に暮らしてほしい、嫌なことは頭から追い出しうりくんの健康を願いながら、心のどこかにいつも不安を抱えて過ごすことになるのかもしれません。


しかし引き受けたのです。もうこれからはうちのコとして一緒に暮らしていこうねと、うりくんを抱きしめたい気持ちです。




▼ 全然無理ですけど!!
201701-DSC_2419.jpg




。。。


わたしがうりくんを譲渡してもらった経緯はこういうことでした 。。。




こうしていろいろあった2016年最後にわが家に仲間入りしたうりくん。これからどうなっていくことやら 。。。 もちろんうりくんの人馴れということもありますが、それよりなによりも 。。。




▼ マルクに
201701-PC307156.jpg



▼ 可憐ちゃん
201701-PC307165.jpg




さあ 。。。 ルークがいなくなってからまだ2か月もたたないうちに、せっかく2匹のペースが出来つつあった生活ににわかに現れてしまった子ネコちゃん 。。。


これから3匹の生活は




▼ どうなりますことやら 。。。
201701-PC317228.jpg




わたしもドキドキですから! 。。。










スポンサーサイト

COMMENT

 おはようございます。
 すでに昨年暮れから、うりくんマルク達の仲間入りをしてたんですね。骨軟骨異形成症により耳が折れているとのこと、将来何が起きるか分かりませんが、3人仲良く暮らしていけるよう願っています。
2017/01/27(金) 08:29:45 |URL|inkyo #yNKEkr8c [EDIT]
こんばんは!
新入り猫ちゃんには驚きました。
みちさんは立派で強いお方ですね。
ルークさんも天国で見守ってくれてると思います(^-^)
マルクん、可憐ちゃんがどう接してくれるか心配ですが、頑張りましょう♪
そして、家族に向かい入れてくれて、ありがとうございます(^-^)
2017/01/27(金) 23:43:47 |URL|みるくるみ #- [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/28(土) 12:07:47 || # [EDIT]
大丈夫です。
無責任に聞こえるかもしれないけど、大丈夫。
この仔達ならきっとうまくやっていかれます。
根拠も何もないのだけど、一目見てそう思いました。
でもそこまでの道のりには、みちさんには時々ため息が出てしまうときもあると思うけど、深呼吸したらど~んと構えて笑顔でいてください。
2017/01/29(日) 20:11:22 |URL|puahoney #- [EDIT]
inkyo さん、

うりくんを暮れに迎え、先週正式譲渡となりました。

ルークがいなくなってから、まだしばらくはマルクに落ち着いた生活をさせるつもりだったのですが、お正月休みの機会を逃せませんでした。

迎えることを決めてからちゃんと骨軟骨異形成症のことを調べ、悲しい気持ちにもなりましたが、今はうりくんの健康を願い、マルクと可憐ちゃんと一緒にわが家で少しでも楽しく暮らしてもらいたいと思っています。
2017/01/30(月) 19:34:09 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
みるくるみさん、

まさかの新入り!
驚かせてしまいましたねf(^_^)

うりくんを迎えたのがある意味勢いでなかったら迷った末止めていたと思います。全然立派でも何でもなくて...まだなると決まったわけではない病気のことで不安でいっぱいになったり、まったく強くもなくって...。
でも、ありがとうございます。ルークが見守ってくれていると思うと、勇気もわいてきます!

みるくるみさんのおうちの猫ちゃんたちのこと、新入りちゃんたちとミルクルちゃんの様子、参考にしたり、希望を持ったりしながら見ているんですよ!

みーんなが仲良くなってくれたら嬉しいことですけど、そうでなくてもみんなで何とか折り合いをつけながら暮らしていってくれるようになるんですよね、きっと。

にゃんずの幸せため、頑張りましょうね♪
2017/01/30(月) 20:04:05 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
鍵コメ Sさん、

ありがとうございます!
いつも胸にしみる言葉を...鼻がツーンです。

そして 。。。 そうそうそれです!コノハズクー!
わたしもソレだと思いました、でもコノハズクが出てこなくって~_(^^;)。

今のところコノハズクと怪獣のMIXです。
2017/01/30(月) 20:13:25 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
puahoney さん、

つい弱気になってしまうわたしに、何よりの励ましです。

ちょうど1ヶ月たちますが、無邪気なうりくんに怒ってばかりの大人猫を見ては、焦ってみたりオロオロしたり...。でも、そうですね、チビッコに翻弄される大人猫を見てアワアワする人間っていう光景を客観的に楽しめるようにしてみます。

ホントに子ネコってこんなだったかしらと、大人2匹と1人で目を丸くして呆気に取られる毎日です。
2017/01/30(月) 22:20:00 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK