るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

02-23

2017

勝手な憶測は当たらないもの 。。。 可憐ちゃん編






うりくんを迎えた

去年の年末から

今日でまる8週。

しかしいまだ完全にフリーには

することができないうりくん。

それは意外にも

うりくんに敵対心を燃やし続ける

可憐ちゃんが理由なのです 。。。



。。。



うりくんが

大人猫と過ごすようになって

何日かたつと

うりくんはあっという間に

我がもの顔で

それまでマルクが独占していた




▼ クッションを占領
201702-170204-DSC_1054.jpg



▼ 爪とぎベッドもボクの物
201702-170203-DSC_1028.jpg




大人猫たちの




▼ いかにも気にくわないという態度や
201702-170127-P1297929.jpg



▼ 冷たい完全無視をよそに
201702-170207-DSC_1153.jpg




うりくんはどんどん

環境に順応していき

2月に入ったころには




▼ ゴハンまだ~?
201702-170203-DSC_1033t.jpg




とわたしに近づいて来られるほど

度胸もついてきて

わが家の空間で

自分の居場所を見つけ

自由に過ごすようになりました 。。。



しかし 。。。

うりくんが慣れてきた反面

可憐ちゃんの様子に

だんだん心配な変化が

表れてきました。






そもそもうりくんの来る前、

可憐ちゃんは歯肉炎の悪化から

ごはんがあまり

食べられなくなっており

お正月明け早々に

抜歯手術を行ったのでした。

手術後の経過は問題なかったのですが

可憐ちゃんの体調が万全になるまでは

うりくんにはケージで過ごしてもらって

可憐ちゃんに

なるべくストレスをかけないように

慎重に様子を見ることにしました。



1月の中頃には

可憐ちゃんの口の中は

順調に回復してきた様子で

以前と同じように




▼ カリカリを食べらるようになり
201702-170205-DSC_1111.jpg




普段の様子からも

調子が戻ってきたかなと思えたことで

うりくんのフリータイムを

徐々に増やしていったのですが 。。。



うりくんがケージの中にいるのと

ケージから出ているのでは

可憐ちゃんの様子も大違い 。。。

可憐ちゃんは

部屋の中で気ままに過ごすうりくんが




▼ 気になって仕方ない
201702-170203-DSC_1042.jpg




部屋中走り回ったり

思わぬところから

飛び出してくるうりくんに




▼ いつも気が休まらない
201702-170205-DSC_1123t.jpg




せっかく可憐ちゃん自身も

ようやくわたしに

積極的に甘えてくるようになったのに




▼ いつものおしりトントンも
201702-170205-DSC_1115.jpg



▼ 落ち着いてられない
201702-170205-DSC_1116.jpg




次第に可憐ちゃんは

ソファーにおいてある

クッションや毛布の下に潜り込み




▼ 隠れている時間が長くなり
201702-170205-DSC_1095.jpg




それは今に至っても

続いているのです。


正直わたしは

可憐ちゃんがこんなにも




▼ 新入りを警戒するとは思っておらず 。。。
201702-170208-DSC_1160.jpg




▼ ごめんね、可憐ちゃん 。。。
201702-170208-DSC_1161.jpg




うりくんはいつも

可憐ちゃんと仲良くしたくて

そばにやって来るのに




▼ 可憐ちゃん、うなってます
201702-P1298043.jpg




可憐ちゃんは

うりくんが近くにいる間

ずっとうなり声をあげたり

シャーっと威嚇したり

すごく怒るんです。




▼ うりくんはただ
201702-170131-DSC_0886.jpg



▼ 仲良くしたいだけなのにね
201702-170131-DSC_0877.jpg



▼ 子ネコに手厳しい可憐ちゃん
201702-170131-DSC_0879.jpg




。。。



うりくんを迎えるとき

可憐ちゃんは子ネコの仲間入りを

喜んでくれるのではないかという

わたしの勝手な思いがありました。



それは 。。。



可憐ちゃんは保護された時に

仔猫を連れていたそうです。

保護主さんがおっしゃるには

可憐ちゃんがこんなにも

警戒心が強く

人間に対して怒っているのは

自分の子供たちと

引き離されたからなのではないかと 。。。

いまでこそ

可憐ちゃんはわたしに対して

信頼を寄せてくれているようですが

最初はうりくんと同じでした。


可憐ちゃんと仲良くなるには

相当の月日が必要でしたが、

今は可憐ちゃんとの絆を

しっかり感じることができます。


保護されるまでに

そんな経緯のあった可憐ちゃん、

きっと母性本能があるはず。

子ネコのうりくんが来たら

きっとうりくんを

自分の子供のように

かわいがってくれるんじゃないかな 。。。



。。。 なんて 。。。




そんな勝手な憶測は

まったく




▼ 当たってなんかいませんでした!
201702-P1298050.jpg




そうなんですよ 。。。

可憐ちゃんは

お母さんではなく




▼ 乙女なのよね~
201702-170127-DSC_0643.jpg




うりくんが来てからも




▼ 一途に
201702-170130-DSC_0848.jpg



▼ マルクが大好き♪
201702-170130-DSC_0849.jpg



▼ いつもマルクの近くにいたいけど
201702-P2048189.jpg



▼ いかんせん
201702-P2048190.jpg



▼ マルクは
201702-P2048191.jpg



▼ 可憐ちゃんに冷たい!
201702-P2048192.jpg




うりくんの存在は鬱陶しいし

マルクには冷たくされるし

そんなストレスからなのか

可憐ちゃんは2月の初めには

ごはんをあまり食べなくなって

体調を崩してしまいました。

しばらく不調は続きましたが

うりくんにはまた

ケージで過ごしてもらったり

再開したフリータイムも短くしたり

可憐ちゃんの体調が戻るまで

再び様子を見ることにしました。

2週間ほど経て

最近はようやく

可憐ちゃんの食欲も戻り

今はもう大丈夫です。

可憐ちゃんは今も

相変わらずうりくんを威嚇しますし

マルクにも冷たくされますが




▼ わたしがいますから!
201702-P2048196.jpg



▼ 最近本当によく甘えてきます
201702-P2048197.jpg




きっとこれも可憐ちゃんなりの

精一杯の




▼ 存在アピールなんでしょうね
201702-170208-DSC_1179.jpg




可憐ちゃんが

うりくんに気を許すようになるまでには




▼ しばらく時間がかかると思います。
201702-170208-DSC_1168.jpg




可憐ちゃんがうちにやってきたときには

ルークにもすぐに甘えて

マルクにも好き好き攻撃で迫り

てっきり可憐ちゃんは

どの猫とも仲良くする性格だと

勝手な思い込みがあったので

可憐ちゃんがうりくんに対して

激しい威嚇で拒否するのは

とても意外だったのですが




▼ 賢い可憐ちゃんのこと
201702-P2058307t.jpg



▼ きっとそのうち
201702-170125-DSC_0514.jpg



▼ 受け入れてくれることでしょう
201702-170125-DSC_0513.jpg




それまで




▼ 気長に見守っていきます。
201702-P2058261.jpg








スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは♪
今の状況が我が家に似ているので、みちさんのお気持も可憐ちゃんの気持ちも良く分ります。月日が経てば…と、期待をしたいけど、こればかりは相性があるんだろうし大変ですよね(>_<)うちは新入りのドットちゃん親子はボーイズとは何の遜色もなく交われてますが、ミルクルに至っては怖くてドットちゃんとは対面させていません。クルミは子猫ちゃん達とは対面出来てます。ドットちゃん親子との相性も心配ですが、ナツとの相性が酷く悪いです。可憐ちゃんとうりくんの関係より酷いですよ(^_^;)ナツがミルクルの天敵になってからレオに対して少しばかりか優しくなりました。猫は敏感な動物なのでストレスを与えない様に気を遣いますよね。可憐ちゃんの歯肉炎の抜歯の傷も癒えない時にうりくんが仲間入りして相当ストレスを感じてるんだろうな…。案外オス同士って平気なのにびっくりで、マルクんとうりくんはどうですか?みちさんに甘えて来る可憐ちゃんが健気で助けを求めてるのか、それともママは私のものよ!と見せ付けてやりたいのか、可憐ちゃんなりに努力してるんだろうな( *´艸`)可憐ちゃんを応援します!
2017/02/23(木) 20:37:40 |URL|みるくるみ #- [EDIT]
 おはようございます。
 うりくんはすっかり慣れた様子ですが、その分可憐ちゃんの精神的負担が大きくなっているように見えます。その負担を少しでも軽くしてあげる必要がありそうです。みちさんの優しがが可憐ちゃんの救いになっているようです。
2017/02/24(金) 08:41:23 |URL|inkyo #yNKEkr8c [EDIT]
みるくるみさん、

可憐ちゃんの応援、ありがとうございます!
可憐ちゃんは本当に最近よく甘えてくるようになったのが、みるくるみさんがおっしゃっている通り可憐ちゃんがわたしに何かを訴えているように思えてなりません。

みるくるみさんのブログでボーイズは仲良くなるということを書かれていたのを見たときに、ちょうどうちのマルクもうりくんに意外と優しいことがわかり、実はマルクは猫嫌いなのではなくメス猫を嫌いなだけで、オス同士ではそこそこ仲良くできるのかもしれないと思いました。うりくんとマルクのこと、次の記事に書きましたよ!

みるくるみさんちの大家族では、それぞれ小さなコミュニティーができているようですね。マルクパパ&ボーイズたちの姿、ドットちゃん親子、写真を見ているだけで微笑ましくこちらが幸せ気分になります。

先住のミルキーちゃんクルミちゃんが、新入りとストレスなく暮らしてほしいという気持ち、わたしも同じように思います。本当に相性なんですよね。。。でもね、ミルクルちゃんはママと大の仲良しですからね、何があっても幸せに違いありませんよ。

わが家の可憐ちゃん、いまはちょっと辛い状況に見えるのですが、きっといつか、時間はかかると思いますがまたのびのびと過ごしてくれるようになると信じています。
2017/02/25(土) 11:46:35 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
inkyo さん、

ただただのんびりのどかに過ごす猫を見て、自分も幸せを感じたいという思いだけなのですが、猫とは言えそれぞれの性格があることですから、いまは難しいことのほうが多く感じます。

inkyoさんのご家族に、ただ一人娘のようにかわいがられて過ごすことのできたピッピちゃんは、ほんとうに幸せな一生だったですね。

可憐ちゃんはうりくんが来たことで、せっかく今まで気ままに過ごしてきたのに邪魔をされ、ストレスいっぱいなのかもしれません。馴れた猫なら抱っこしてナデナデしてと存分にかわいがることができるのでしょうが、可憐ちゃんの場合はそれもできないのが辛いところです。

それでも可憐ちゃんには、うちで暮らして幸せだと思ってもらえるように、できる限りケアしてあげたいと思います。
2017/02/25(土) 12:02:28 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK