るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

04-05

2017

可憐ちゃん、捕まえられるかな?






食欲不振から回復してきた可憐ちゃん、

月曜日も火曜日も

しっかりウンチが出ました!

写真をアップしたいくらい

それはもう立派なのが出ました。

10日間ほど長引いた不調も

これでもう安心です 。。。





。。。 先週の4日連続通院のお話しの続き 。。。



絶食状態から2日以上経過して、最初に病院に行ったのは水曜日。いつもと同じように吐き気止めの注射をしてもらい、毎回これで回復している可憐ちゃんのことなので、今回もこれで問題なく回復すると安易に思っていました。

前のときは病院から帰るとわりとすぐにごはんを食べ始めましたので、可憐ちゃんの近くに大好きなちゅ~るやササミを茹でてほぐしたもの、そしてカリカリなどなどいつでも食べられるようにとお皿に並べて可憐ちゃんが食べ始めるのを待ちました。

ですが可憐ちゃん、その後もまったく何も食べようせず、夜になっても何も口にせず水も飲みません。だからといってぐったりしている様子ではなくいつものように部屋の中をウロウロしたり、うりくんにシャーシャー怒ったり、食べていないこと以外はいつもと変わりありません。

このままでは絶食3日になってしまう 。。。

毎回先生に言われるのは、猫は絶食が続くと代謝に異常をきたして肝臓をこわしてしまう恐れがあるため早めに対処してあげないといけないということです。可憐ちゃん、72時間以上の絶食状態だと強制的にでもなにか食べさせるなどの対処が必要なのだと言われているのです。

結局可憐ちゃん、朝まで何も食べていません。まさかまた病院に行くことになるとはと思いつつ、木曜午前中の最後の時間になんとか予約を入れて、可憐ちゃんを再び病院に連れて行くことになりました。

また捕まえないと 。。。 昨日捕まえたばっかりなので、可憐ちゃんがまた首尾よく捕まるか不安なわたし 。。。 変な緊張をしながら、時間になるまで気取られないように自然に自然に過ごしていると、可憐ちゃんはハウスの中に入って眠ってしまいました。これで捕まえられるかな?ゆっくりそろーっとハウスの入り口から手を入れて、可憐ちゃんを優しくナデナデ。そしてなんと、そのままハウスの中に両手を入れて可憐ちゃんをさっとつかんで、反撃をされることもなく苦労せずに可憐ちゃんを捕まえることが出来たのです。

これって本当に本当にすごいことなんですよ!

少し前までは、可憐ちゃんはどこか囲まれたところに入り込んだり、逃げ道のないところにいるとき、わたしが少しでも近寄ってくる気配がすると、どんなに寛いでいるようでもぐっすり眠っていたとしても、パッと飛び出してきてあわてて逃げていたのです。でも最近は少し違ってきていました。ハウスの中にいるときや、クローゼットの隅にいるとき、そっと近づいてナデナデしても、緊張はしているようですがそのまま逃げずになでられているようになってきました。このところ可憐ちゃんとわたしの距離は一気に縮んだという実感があります。

うりくんが来たからかなぁ 。。。

そうでなくても思えばもう3年です、可憐ちゃんと暮らして 。。。 可憐ちゃんもわたしに心を許してくれるようになったのかもしれない 。。。

この日も可憐ちゃんは、わたしに捕まえられてからはすぐにおとなしくなりました。こんなにすんなり捕まえられ、反撃もなし。いつもの可憐ちゃんの反撃はすごい力で、わたしはこれが何より怖かったのです。反撃してこないというのにはわたしの方が驚きでした。でも今までのことを考えると油断は大敵、ネットに入れないことには気を抜けません。

このあとは可憐ちゃんを普通に他の猫にするように両手で抱え、ひざに抱っこしてネットに入れたのですが、そうはいっても可憐ちゃん、恐怖心を感じていないわけではないらしく、ひざに乗せたところでそのままおしっこを漏らししてしまいました。やっぱりまだまだ恐いんですね。

しかし 。。。 前日といいこの日といい、今までの様子からは考えられないほどあっさり捕まり、わたしも自信がもてました。自信をもったというか、わたしがやっと可憐ちゃんに慣れたのかもしれませんね。




さて 。。。




▼ 2日連続通院となった可憐ちゃん
201703-170330-DSC_2693.jpg





▼ 病院いやだねー
201703-170330-DSC_2694.jpg





この日は念のため血液検査をしましたが、幸い異常な値は出ませんでした。ただこのまま絶食が続くのは危険だということで、それを防ぐために強制給餌をしてもらいました。リキッドの経腸高栄養剤をシリンジで飲ませてもらった可憐ちゃん。意外と美味しそうに飲んでいたので、回復も近いかなとちょっと安心でした。

この日病院でやったのはこれだけ。これが刺激になって胃腸が動き食欲が戻ることを期待です。

前日病院を出るときは、可憐ちゃんの回復を疑いもせず、先生には特に何も質問することなくもう来ないつもりで帰って行ったのですが、今回はちゃんと、これで回復しない場合はどうするかなど詳しくお話しを聞きました。

先生は口腔内の痛みの問題を除外すると、可能性としては消化器官の機能に何かしら問題があるということも考えられると。腸に何かが詰まっている可能性 。。。 ウンチは火曜の朝にしたのはわかっています。便がたまっていないのは先生も触診でも確認出来ているようです。

しかし触診では分かりきれない何か、毛玉かもしれないしもしかすると誤食があったかもしれない。または腸のある部分の動きに機能的になにか問題があったり、どこかに閉塞部分があるかもしれない 。。。 それを調べるにはまずはエコー診断、さらに検査を進めるとすれば胃腸の動きを確認するため造影剤を入れてレントゲンでの検査になるということでした。


。。。 一応のところの話は聞きました。


何だかもうイヤなことばかり考えてしまい 。。。 この日はとりあえずこれ以上考えるのは止めて、また明日の状態をみて判断することにしました。



さあ、ひとまず帰ろう、




▼ おうちに帰ろう!
201703-170330-DSC_2698.jpg





可憐ちゃんを入れているキャリーバッグ、ずっとルークの通院に使っていたものです。可憐ちゃんは食べていない割りには元気そうなので、ルークのときと同じように歩いて帰ることにしました。

すると可憐ちゃん、キャリーの中からひょっこり頭を上げて、ネット越しにずっと外を見ています。




▼ 外を見たいんだねー
201703-170330-DSC_2704t.jpg



▼ ルークちゃんみたい!
201703-170330-DSC_2703t2.jpg





ビビりちゃんだとばかり思っていた可憐ちゃんですが、いやいやどうして可憐ちゃん、人が近くを通り過ぎてもどこ吹く風、わたしのお腹の前の袋の中からひょっこり出した頭がキョロキョロ周りを見回します。

こうして家まで20分のお散歩をして帰り着くと、可憐ちゃんを解放する前にもう一度ひざにのせてみました。



▼ すぐ逃げられましたけどね。
201703-170330-DSC_2708t.jpg




どうかな可憐ちゃん、




▼ 食べませんか?
201703-170330-DSC_2709t.jpg



▼ まだそれどころではありませんね
201703-170330-DSC_2716t.jpg




いつでも食べられるように

お皿を並べておいておきます。




▼ こらこらマルク!
201703-170330-DSC_2717.jpg




それからしばらくして 。。。




▼ おっ! 可憐ちゃん
201703-170330-DSC_2720.jpg




▼ 食べてるー!
201703-170330-DSC_2723.jpg




ほんの少しでしたが

久しぶりに食べました。

良かったー、ちょっと安心。

通院できっと




▼ とっても疲れたね 。。。
201703-170330-DSC_2726.jpg





可憐ちゃんの前に

またお皿を並べると




▼ ちゅ~るのお皿をなめました
201703-170330-DSC_2731.jpg




少しずつでも

食欲が戻ってくれるかな 。。。




▼ おぉ!全部食べたの?!可憐ちゃん!
201703-170330-DSC_2735.jpg



▼ 食べたよ!
201703-170330-DSC_2736.jpg




こらー!うりくん!。

まぁ、仕方ないですね 。。。



。。。




それからの可憐ちゃん、

微妙な回復具合で、

。。。 まったく食べないというわけではないけれど

食べたとは言えないくらい

ちゅ~るをほんの少しなめるとか

カリカリを2、3粒食べるとか 。。。

んーーーー

これは回復していると言えるのか、

やっぱり問題があるのか 。。。

判断に迷ったわたしは

その翌日も可憐ちゃんを病院に

連れて行ったのでした 。。。



。。。 長くなりましたねぇ 。。。

また次回です 。。。





スポンサーサイト

COMMENT

 おはようございます。
 可憐ちゃん、通院ご苦労様でした。消化器官の機能に何かしら問題があるかもとのこと、原因がはっきりしないと不安です。一日も早い快癒を祈っています。
2017/04/06(木) 08:26:22 |URL|inkyo #yNKEkr8c [EDIT]
inkyo さん、

獣医さんとはいえ、もの言わぬ猫の診断は非常に難しいものだと思います。このような食欲不振の場合、人間の大人だったら診断するのにもう少しわかりやすそうな気がします。それだけに獣医さんの腕や経験はもちろんですが、飼い主との信頼関係がものを言うところです。

今回は負担のかかる検査はせずに済みましたが、またこれを繰り返すようだったらまたそのときに獣医さんと相談です。
2017/04/06(木) 10:04:55 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
可憐ちゃん、すっかり通院に慣れっこになった様でそれには良かったけど、お腹の調子が気になりますね。単なる毛玉とかだと良いけど、はっきりした原因を突き止めるまでの検査内容が可憐ちゃんにとって過大なストレスになると考えるとかわいそうです。せめて、食欲でも戻ってくれたら良いのですが。
キャリーの可憐ちゃん、ルークさんと同じでカワイイです(〃∀〃)
2017/04/07(金) 08:51:25 |URL|みるくるみ #- [EDIT]
みるくるみさん、

いつもありがとうございます。みるくるみさんのインフルの方がよっぽど大変でしたね!わたしも心配してました(>_<)もう大丈夫ですか?

可憐ちゃんはやっと完全復活しました。食べない期間が長かったので見た目がちょっと痩せてしまいましたが、その間も元気はありましたのでわたしも少しは楽観視していられました。

それにしても原因は何なのか、これを繰り返すたびに気になりますが、また同じようなことが続くようだったらその時は検査をするべきなのかなと...ちょっと悩みます。

先生は、口の中は飲み食いしないほどにひどい状態ではないようだと言われますが、赤いのはちょっとだけでも可憐ちゃんはそれが痛いとか気になるとかで食べないのかもと思ったり...。とりあえず口の中の問題を切り分けようと、インターベリーというお薬を試すことにして今日で4回目の塗布が終わりました。3日に一度、全部で10回口のなかに直接塗るんですよ!可憐ちゃんそんなことも出来るようになったことが自分でも驚きです!

ルークのキャリーで密着度が高かったのでよかったのかなー。可憐ちゃんとのお散歩はとっても楽しいです。
2017/04/07(金) 20:28:25 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK