FC2ブログ

るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

02-23

2018

来年の猫の日も






肥大型心筋症、特にその中でも動脈血栓塞栓症を併発した猫の症例について、動物病院のホームページなどで書かれているいろいろな情報を読むと、マルクとのこの時間はそう長くは残されていないのかもしれないことを覚悟しなければならないように思えます。

ですが、ただそれをそのままマルクに当てはめて悲嘆にくれる必要もないと思っています。

塞栓症を発症してからそれぞれ受けた処置が違うわけですから。マルクは不幸にも血栓がとび血流が止まりはしましたが、しかし即座に血栓溶解剤の投与ができた、その事実はわたしの希望です。




。。。



さて、2月22日は猫の日。

退院から36日、

塞栓症発症から44日目、

現在のマルクです。




今週になって、ようやく自分から




▼ たくさん食べるようになりました
201702-170222-DSC_5911.jpg




こうして自ら食べてくれるようになるまでは、本当に大変でした。

放っておけば食べるという話しでもなく、退院してからマルクはほぼわたしの手からしか食べず、必要な栄養が足りないためしばらくは家でも強制給餌。

シリンジを使ってマルクの口に直接高栄養食を入れるのですが、朝晩それなりに時間をとられます。

マルクの気が向いて食べてくれそうなときもありましたが、それでもわたしの手からでないと、お皿からは絶対食べないという状態が続いていました。

今までと同じようにカリカリをたくさん食べるようになったのはほんの3日ほど前、退院から1か月経過したころのことでした。



足の方は、退院のときに真っ直ぐに突っ張り、こわばっていた左右後肢の関節が柔らかくなってくるのに1週間かかりました。

それでも、足が曲がるようになるまで動けなかったわけではなく、最初は前肢だけで下半身を引きずるようにして這って自分でトイレに行っていました。自分で動こうとするのはトイレのときだけ。ますます後肢の筋力も衰え、食べる量も少なく体力が持つのかと心配になったものです。



毎日マルクの嫌がるリハビリを重ねて、徐々に腰が立つようになって、着地は足の甲を使っていますが、




▼ トイレだってしっかりできます
201702-170222-DSC_5904.jpg




ですが、足のことではそれからまだ困ったことが起きました。

退院から2週間ほど経過したころ、今思えばそれは、JARMeCに経過観察の通院に連れて行った翌日、そのストレスから始まったことだったのだと推察されるのですが、マルクは過剰なグルーミングで、後肢を毛がなくなるほど舐めこわし、それを防ごうとすればするほどさらに怒りとなってグルーミングも激しくなり、広範囲にわたって皮膚がむき出しになり、その傷から血が滲むようになりました。

マルクの過剰グルーミングはまだ続いています。

それ以来、いまだにマルクは




▼ エリザベスカラーが外せません。
201702-170222-DSC_5886.jpg




でも、嫌がっていたカラーも今は




▼ なんだか平気な感じ。
201702-170222-DSC_5877.jpg




カラーを着けた状態にもだんだん適応してきました。

もっともマルクの部屋の中の移動などに障害にならないようにと、いろんな工夫は必要です。

お水のお皿は




▼ ちょっと高い位置に設置
201702-170222-DSC_5873.jpg
201702-170222-DSC_5876.jpg





でも、やっぱり




▼ 無い方がいいに決まってますよね。
201702-170221-DSC_5854.jpg





そもそもマルクは




▼ いつもお手手ペロペロしてたし
201702-170221-DSC_5845.jpg




なにかしらのストレスを受ければ




▼ 毛づくろいが止まりませんでしたから
201702-170221-DSC_5859.jpg




そういう性格なのですよね。

心臓の病気とそういう性格は無関係ではないのでしょう。

だからこれからは、少しでもマルクのストレスを減らし、ゆったりと過ごさせてあげたいものですが 。。。



▼ ね、マルク
201702-170221-DSC_5840.jpg





▼ あ、うりくんがタッチ
201702-170222-DSC_5897.jpg



▼ うりくんはマルクが気になるのよね
201702-170222-DSC_5891.jpg



▼ マルクは怒ってますね
201702-170222-DSC_5882.jpg




わが家にはたくさんのストレス因子が 。。。


他の猫のことはマルクには大きなストレスなのでしょうが仕方ありません。部屋を仕切って過ごさせてあげればよいのでしょうが、狭いわが家ではそれはちょっと難しいですから。



マルクが退院して今まで、マルクとしては別に好きなようにしていただけだと思うのですが、わたしにしてみれば非常に悩ましいことも多く、というか、この1か月はそう気楽に過ごしてばかりはいられませんでした。

ですが時間とともに、だんだんマルクもわたしもこの状況に慣れてきたということもあるのでしょう。

今はその点についてはほぼ、改善したというわけではないけれど、受け止め方も変わり、気持ちに余裕も出てきました。



また次回、退院してからこれまでのこと、少しずつ書いていきます。


マルクが毎日、わたしのもとにいてくれますように 。。。







スポンサーサイト

COMMENT

 おはようございます。
 かなり厳しい状況であること、それが現実のようですが日ごとに食欲も増し、後肢の状態も改善しつつあるようです。マルクの自然治癒力も期待し見守りましょう。
2018/02/24(土) 09:15:05 |URL|inkyo #yNKEkr8c [EDIT]
がんばれ
がんばれ
がんばれ
2018/02/25(日) 00:11:17 |URL|チッチーズ #- [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/25(日) 13:33:50 || # [EDIT]
本当に辛いです…
マルクんは、絶対に大丈夫!!
カリカリを自分で食べれるようになったし、おトイレだって大丈夫だし、自分で動こうとしてるし、こんなに頑張っているのだから、絶対に元気になります!
足の血行を良くするために温めるのはどうでしょうか?(やってたらすみません)蒸しタオルをビニールに入れて患部を覆うとか。単純ですみません。何か良い治療法、私も探ってみます!頑張れマルク!!
2018/02/26(月) 20:40:35 |URL|みるくるみ #- [EDIT]
inkyo さん、

足の方は思っていたようには簡単には戻ってくれないようです。

毎日時間をかけてマルクの足を曲げ伸ばしたりして刺激を与えるのが良いのでしょうが、会社にはいかないといけませんし、ここはもうわたしの出来得る範囲内でと割りきるしかありません。

それでも継続することは大事なようですので、あきらめず回復を目指そうと思います。
2018/03/01(木) 00:29:51 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
チッチーズさん、

ありがとうございます!

マルクもわたしも頑張ります。
ゆっくり自分のペースでしか出来ませんが、リハビリも続けて回復を目指そうと思います。
2018/03/01(木) 00:32:25 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
鍵コメさん、

いつも感謝です。

無理せず余裕を持って、ですね!
2018/03/01(木) 00:33:55 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
みるくるみさん、

タオル、改めてじっくりやっていこうと思います。

マルクが気持ち良さそうにしているのを見るとわたしも嬉しいです。それに、狂ったみたいにグルーミングをしているときでもタオルを当てるとすごく落ち着きます。そのことが実はすごくすごく助かりました。

いい報告が出来るよう頑張ります。
2018/03/01(木) 05:04:06 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK