るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

03-06

2018

普通の日曜日









マルクは以前から

クローゼットに引きこもって

朝から夕方まで

ずっと出てこなかったり

そんなことは珍しくもなく 。。。

同じところに長時間じっとしてるのは

何も病気になったからという訳じゃなく 。。。

ただ、今までのように

高いところには上れないので

クローゼットの下のスペースを




▼ マルク用に改造。
20180222-DSC_5908.jpg




するともう本当に1日中

朝から晩まで動かずに

ここにいたりして。




▼ 可憐ちゃんだって
20180305-DSC_6350.jpg



▼ 気になるよねー
20180306-DSC_6351.jpg




クローゼットをのぞく可憐ちゃん、

決して邪魔したりせず




▼ 外から見るだけね
20180306-DSC_6352.jpg




誰からも邪魔されず、

ずっと同じところにいるマルク。

平日わたしがいない間は

それも仕方ないのですが

ますます足の動きが悪くなります。

リハビリは続けないとですね。




。。。





この前の週末は

横浜も良いお天気で

マルクをカウンターにのせて




▼ 窓辺で日向ぼっこ
20180303-DSC_6236.jpg



▼ やっぱりネコはこうでないと
20180303-DSC_6237.jpg




少し日が陰るとちょっとヒンヤリ、

油断は出来ません。




▼ いろいろと注意してあげなくちゃね。
20180303-DSC_6214.jpg





エリザベスカラーのストレスからも




▼ 解放~~
20180303-DSC_6266.jpg




ようやくこんな風に穏やかに過ごす時間を持てるようになりました。 マルクの過剰グルーミングはおさまったわけではありませんが、少し落ち着いてきたようです。


防ごうとすればするだけかえってイライラさせてしまい、舐めるどころかマルクは毛をむしったり足を噛んだり、グルーミングが余計に激しくなります。


マルクのその気持ちもよくわかります。ですからこうしてカラーを外してあげていたほうがよっぽどマルクを落ち着けさせるのには良いというのは分かっているのですよ。けれどもこれまで、うっかりするとあっという間に舐めまくって傷が破れて血だらけになってしまうというのを繰り返してきたので、ずっと外しておくのは怖いのです。




そして 。。。



マルクのストレスは




▼ そればかりではありません
20180303-DSC_6263.jpg




可憐ちゃんもうりくんも




▼ やっぱりマルクが気になります
20180303-DSC_6259.jpg




別にマルクに対してちょっかい出してくるわけじゃなくても、マルクはほかの猫が気に入らないですからね。




▼ 特に可憐ちゃん!
20180303-DSC_6267.jpg



▼ 距離のある猫たち
20180303-DSC_6258.jpg




マルクが弱々しくなっても

可憐ちゃんの




▼ マルク愛は変わりませんね。
20180303-DSC_6260.jpg




そんな可憐ちゃん、

最近はわたしに対してもすっかり




▼ 気を抜きっぱなしで
20180303-DSC_6275.jpg



▼ 可憐ちゃん ちょっとその顔 。。。
20180303-DSC_6252.jpg




大好きなマルクの前なのに

だいぶ気が抜けてますね。

これじゃあマルクだって




▼ 視線をそらしたくも
20180303-DSC_6265.jpg




▼ なりますわ 。。。
20180303-DSC_6264.jpg




このままマルクは

あまり可憐ちゃんのこと

気にし過ぎることもなく




▼ また寝ちゃいましたね
20180303-DSC_6217.jpg



▼ のんびりね
20180303-DSC_6250.jpg




マルクがこうなってから、3匹の関係に何か変化があるのかなと、ちょっと期待していたのですが 。。。 特に、マルクが可憐ちゃんに優しくなったりしないかなとかね 。。。


でも実際はそんなことなく、むしろ退院してすぐにはマルクも荒れに荒れていましたし、それを警戒して近づけない可憐ちゃんとうりくんの様子はわたしを不安にさせました。


可憐ちゃんとうりくんが、怒って唸り声をあげてばかりいたマルクのことを遠くから見ているだけという緊張の日々は長く続いたのですが、マルクが落ち着いてくるとだんだん、ちょっと違うけど今までのマルクなんだと思い出したみたいに距離を縮めてきました。


そして、マルクが落ち着いてきた今、結局ほとんど以前と関係性の変わらない3匹です。


ちょっとヒヤッとするのは、うりくんが今までのようにマルクにじゃれたときに、マルクはよろけたり倒れたり、まあたいしたことはないしマルクもそんなのいちいち気にしてなさそうですが、うりくんがもう少しそのへん分かってくれればなあと 。。。 まだ子供猫ですね。けれどもマルクは、そんなうりくんには結構寛大です。


かたや可憐ちゃんに対しては、今まで通り冷たいマルク。可憐ちゃんはさすがに猫づきあいがよく分かっていて、マルクのことを刺激しないようにと、今までよりさらにセンシティブなマルクに対して、とても慎重です。


マルクは足は変な格好のままですが、ずいぶん元気を取り戻してきました。


あろうことか、あんなにマルクLOVEでマルクに優しい気遣いを見せる可憐ちゃんに対するイケずも復活です 。。。




▼ おらおらーー
20180304-DSC_6296.jpg




やっぱり可憐ちゃんのこと

とにかく気に入らないマルク




▼ いちゃもんつけてます
20180304-DSC_6297.jpg




もう、なんなんでしょうね!




▼ 変わってないよね!
20180304-DSC_6298.jpg




▼ そっと逃げる可憐ちゃん
20180304-DSC_6299.jpg




こうなるとわたしも、マルクの心臓のことやマヒの残っている足のことなんか忘れて、こらこらマルクー!って怒ってしまいそうです。

でもマルクは今は可憐ちゃんを追いかけたりはしないでしょうから。可憐ちゃんだって、そんなマルクのことを分かっているのでしょう。




▼ 通り過ぎるマルクを見て
20180304-DSC_6300.jpg



▼ 元気になってきたわね!
20180304-DSC_6301.jpg




なんて思っているのかな?



マルクは後肢の先がちゃんと動かないこと以外は、今までとあまり変わらないですね。


その夜には、またひとりでカウンターに上って




▼ 窓際で寝ていました。
20180304-DSC_6336.jpg




カウンターの下に階段状に置いている家具に飛び乗って、2段階で上がりました。よく考えたらいつもこうして2段階で上がってましたねー。

夜は冷えるから




▼ 毛布を掛けてね
20180304-DSC_6332.jpg




あ!




▼ 可憐ちゃん!
20180304-DSC_6338.jpg



▼ すっごい見てる!!
20180304-DSC_6330.jpg



▼ 見てるねー
20180304-DSC_6335.jpg




だんだん

いつもと変わらない

日常が戻ってきたみたいですね。




▼ 見てるからね!
20180304-DSC_6334.jpg










スポンサーサイト

COMMENT

 おはようございます。
 可憐ちゃんがある意味、マルクの体力回復の手助けになってくれればいいのですが、なかなか人間の思うようにはいかないようです。
2018/03/07(水) 09:03:12 |URL|inkyo  #yNKEkr8c [EDIT]
inkyo さん、

猫同士、事情を察して仲良くしてくれればいいのですが、マルクと可憐ちゃんとうりくん、猫同士がベタベタしないわが家の猫関係は健在です。

ただマルクがだんだん普通の今までと同じようなことを出来るようになってくることが、ゆっくりですがひとつひとつ増えてくることがとても嬉しい毎日です。

マルクは可憐ちゃんが近くにいるだけでイライラする様子で、それもまた今までと同じ日常です。
2018/03/13(火) 07:12:07 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK