るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

04-16

2015

可憐ちゃんがうちのコになるまで。。。 うちのコになったと思えた日




可憐ちゃんをようやくフリーにすることができた2週目。

これからだんだん環境に慣れてくれるかな?

猫同士も仲良くなれるかな?

なんて、ワクワクしていたわたしですが 。。。

やはり人間が怖い可憐ちゃんは

わたしがいると なかなかケージから出てきません。

でも、可憐ちゃんにとって幸いなことに

わたしは日中会社に出かけているので

きっとその間は

広いとは言えない部屋の中ですが

のびのびと遊んでいたのでしょう。

その様子は知ることが出来ませんが

そうやって新しい環境、ルークとマルクにも

徐々に慣れていったのだと思います。

そのうち わたしが帰宅後、

息をひそめて静かに過ごしていると




▼ 恐る恐る出てくるようになりました。
S-P1040706.jpg




出てきてしまえば




▼ 遊ぶのが大好きな可憐ちゃん
S-P1040729s.jpg
S-P1040732s.jpg




わたしがおもちゃで遊んであげたくても

近づくと逃げてしまうので 。。。

鴨居から




▼ フワフワボールを
S-P1040769t.jpg



▼ 下げてみました
S-P1040772t.jpg



▼ これには可憐ちゃんも反応がいい
S-P1040813t.jpg
S-P1040814t.jpg
S-P1040932t.jpg
S-20140421P1040819.jpg



▼ そしてやっぱり 箱は好きなのね
S-20140421P1040911.jpg




そのうち可憐ちゃんも




▼ だんだん大胆になってきます
20140424P1040952.jpg
20140424P1040959.jpg
S-P1040966t.jpg




こんな風に夜遊び女王として過ごした可憐ちゃん、

うちに来てまる2週間過ぎたころは

ようやくわたしがいる日中も




▼ ケージから顔を出して
S-P1050105.jpg



▼ 居場所をみつけました
S-P1050171t.jpg



▼ こんな感じですが
S-PAP_0014.jpg



▼ ちょっと失礼しますよ
S-PAP_0011.jpg




可憐ちゃんは寝るときはケージの中のベッド。

起きてからはソファーのカバーにもぐりこみ

わたしが出かける前にカリカリをあげるのも

カバーの中 。。。

わたしが出かけさえすれば、おそらく

すぐにでも出てきて、ルークとマルクの

食べ残したお皿のカリカリを食べていたのか、

いつのまにかちょっとぽっちゃりしていました。

何週間かそのような状態が続きましたが

そのうち、わたしがじゃらすおもちゃに




▼ 近づいて来たり
S-DSC_5781.jpg




だんだんわたしのことを




▼ 近くで観察するようになったり
S-DSC_5698.jpg



▼ わたし トイレ中ですけど
S-DSC_5705.jpg




着実にわたしとの距離も

縮まってきたと実感します 。。。

可憐ちゃんが夜寝るときもケージの中に入らなくなったのは




▼ 5月半ばごろ
S-P1050806t.jpg



▼ もう窮屈なところはイヤだよね
S-P1050807t.jpg



▼ こんなにくつろいだ姿を見せてくれます
S-P1050816t.jpg




なぜか日中は わたしがいると




▼ カバー生活ですが 。。。
S-P1060422t.jpg




そんな可憐ちゃんが、

朝ごはんのときに姿を見せたのは




▼ 5月27日のこと 。。。
S-P1060549t.jpg




これには感激でした。

まだまだ可憐ちゃんとの距離はあるものの

可憐ちゃんを迎えてからの1か月半、

やっとここまできたなぁと思えた記念すべき日になりました 。。。



そしてその日、

ようやくこのブログで 可憐ちゃんよ! 。。。 と

紹介するに至り 。。。

この一年、

さらに可憐ちゃんとの距離を縮めながら過ごしてきたわけです。

そして、これからももっと仲良くなりたいと願うわたしです。


。。。


あ、

若干微妙な関係の




▼ キミたちもね!
S-P4106437.jpg




みんな仲良くね!!






スポンサーサイト

COMMENT

こんにちは。
徐々に慣れていく可憐ちゃんが可愛くて仕方ありません。
カバーに隠れる可憐ちゃんも、腰がひけてる可憐ちゃんも。
みちさんは、毎日どきどきだったことでしょうね。
そして、日々愛しさが増していくのでしょうね。
2015/04/16(木) 15:29:55 |URL|ゆっらす #- [EDIT]
可憐ちゃんが少しずつ馴れてくる様子が愛らしいですね。
もうすっかり仲良しだものね。。。
以前いた団体のスタッフが、引き取った猫がひっかいたり噛みつくからと言って、全部の爪を抜く手術をしたそうです。歯も全部抜いてくれと病院に言ったらしいのですが、さすがにそれは病院側も拒否し、それでも犬歯を削ったそうです。
その子は飼育放棄でシェルターに来たのに、さらにまたそんな虐待ともいえることをされるなんて・・・とその子の身体と心中を思うと涙が出ました。
ひどいですよね。その子は何も悪くないのに。。。
2015/04/16(木) 20:37:05 |URL|puahoney #- [EDIT]
おはようございます。

 可憐ちゃんが少しづつ家族の一員としてなじんでくる様子がよく分かります。

 ルーク君たちとの信頼関係も生まれてきたようです。
2015/04/17(金) 08:27:36 |URL|inkyo #yNKEkr8c [EDIT]
ゆっらすさん、

本当に徐々に徐々にでした。

その間はまさにドキドキで、毎日静かに静かに過ごし、可憐ちゃんが顔を見せたときは息を潜めて、見たいけど、あまり見ちゃいけないと自分に言い聞かせて。。。写真もブレブレです。

振り返るとそんなに長い期間でもなかったのだなと思えますが、当時は、カバーから出てくる日は来るのかと、ずい分長く感じました。

今もまだ、可憐ちゃんが自分から近寄ってくることはなかなかないので、ちょっとでも可憐ちゃんがわたしの近くに来るだけでもとっても嬉しいです。



2015/04/17(金) 13:44:07 |URL|みち #PqO8EiXM [EDIT]
puahoney さん、

可憐ちゃんには最近はだいぶ仲良くしてもらえるようになりました。ひっかき傷がずいぶん少なくなりましたもの(^^;)

猫の爪を。。。そんなひどいことあるんですか。。。そんな人に動物を飼う資格なんてありませんね。憤りを感じます。どの命も幸せにあってほしいです。

2015/04/17(金) 13:49:27 |URL|みち #PqO8EiXM [EDIT]
inkyo さん、

こんにちは。

少しずつ馴染んでいく毎日は、当時はもどかしくもありましたが、日々の小さな変化が楽しみでもありました。

可憐ちゃんも初めは恐怖感などあったのかもしれませんが、ルークとマルクがいて安心してくれていたのではないかと思っています。
2015/04/17(金) 13:56:44 |URL|みち #PqO8EiXM [EDIT]
みち さんみたいに猫が落ち着くまでユックリ待ってあげるべきです。みんな馴れない環境では怖いのが当たり前ですからね。
この団体は理事からしてちょっと問題アリなのです。
要注意団体としてどこかに誰かに相談できるところをご存知ですか?
2015/04/17(金) 16:54:33 |URL|puahoney #- [EDIT]
puahoney さん、

他のブログでやはり馴れない猫ちゃんのこと読むことがありますが、可憐ちゃんの1か月半、ナデナデまでは7か月半ほどというのはまだましなほう、もっともっと時間がかかる猫ちゃんだって少なくないようですよね。

その団体そもそもどういう志をもって活動されてるのでしょうかね。。。譲渡される側の人物を不審な里親申し出者ということで情報を共有する里親募集サイト(ペットのおうちとか)などはあり得ますが、団体側というのは。。。

不勉強でわたしはわからないことばかりですが、まっとうに活動されている大きな団体もありますよね、各地でセミナー活動などされていたり、団体間、地域間のネットワークもお持ちだったり。。。そういうところの方とお話ができればいいのかもしれませんね。
2015/04/18(土) 12:26:11 |URL|みち #PqO8EiXM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK