るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

04-20

2016

胸が詰まる思いの1か月




先週 4月14日、

ルークを大学病院に連れて行った

ことの顛末 。。。

長くなってしまい、

読んでいるうちに、ルークのことが

心配になってしまうかもしれませんが、

大丈夫ですよ!

今日もルークは元気です!

話しは昨日の続き、

かかりつけのお医者さんに

診てもらった2月末のことから 。。。

。。。





------------



ルークの胸のあたりに出来た出っ張り。

大きくなっていっているとわかっていながら

病院に行く気になれなかった

へタレな飼い主のわたし 。。。

ルークの鼻炎がますますひどくなった2月末、

ルークのかかりつけの病院で




▼ 鼻炎の治療とともに
201602-DSC_3537t.jpg




先生に




▼ 胸の出っ張りを診てもらったのだ 。。。 (2016/2/29)
201602-DSC_3538t.jpg




。。。


先生は、しこりの大きさに少し驚き、

手で触って心配そうな顔をして

「これは何らかの腫瘍である可能性が…」 と 。。。


。。。 やっぱり 。。。

そういわれるのを覚悟はしていたものの

実際にそう言われてかなりショックを受けた。

さらに先生の触診では、

わたしが




▼ 胸に貝殻のような形になっているのかな
201602-P2284962t1.jpg




と思っているようなものでなく

場所は喉の下、

人間でいうと鎖骨の間のくぼみのところ。




▼ しかも大きい
201602-P2284962t3.jpg





と、絵を描いて説明してくださり、

大きさは幼児の拳くらいの大きさだと。

先生は、ここでレントゲンをとっても

ハッキリとはわからないので、

大きい病院での検査をしたほうがよいと、

今の時点では何とも言えないと言われた。

CTでの画像診断、細胞診など、

設備の整った病院で

専門の先生に診てもらって

取ることができるか

診断をしてもらうことをすすめられたのだ。

わたしは、

腫瘍だと言われた時点で、

場所も場所だし

もう治療の可能性はないのかと思っていたので、

大きい病院をすすめられたことが

とても意外でもあったのだ。

ただ、やはり切除などということは、

もう16歳のルークに

取って完治の可能性があったとしても

胸を開ける手術を受けさせるなんて

簡単に考えられるわけもなく 。。。

結局先生の話しを聞いている間

わたしの頭は理性的に働くことができず、

その場ですぐには

病院を紹介して下さいとは言えず 。。。

。。。

呆然としているわたしに

先生も言葉のかけようもなかったのかもしれないが、

その時点では切羽詰まった状態でもないので

「2週間ほど経過観察してみましょう」と

先生は言って下さった。

この腫瘍と思われるものが

どのくらいのスピードで大きくなるのか

しばらく見て、それから決めても大丈夫という

先生の判断を聞いて、

ぼんやりした頭のままルークを連れて帰った。


。。。


わたしはそれからは

ルークの胸のしこりにばかり




▼ 気持ちが囚われる日々。 (2016/3/6)
201603-P3065455t.jpg




ただ幸いに、鼻炎のほうは

その時にもらったお薬がよく効いて

くしゃみも鼻水もみるみるおさまり、

胸の膨らみが気になる以外は

ルークはますます元気になったのだ。

しかし、日にちの経過とともに

その腫瘍らしきしこりは




▼ さらに大きくなっていき (2016/3/10)
201603-P3105754.jpg




2週間ほど経った 3月12日、




▼ 再び主治医のもとを訪れた。 (2016/3/12)
20160312-DSC_3715.jpg




。。。

先生は、思ったより大きくなったしこりを触り、

これはやはりこの後もだんだん大きくなって

このままにしておくといずれ

食道や肺を圧迫して、

呼吸が苦しくなったり

食べ物が呑み込めなくなったりするだろう。

ルークは16歳にしてはまだまだ元気なので

もし手術で取ることができるのなら

それでまだあと数年生きられるのではと、

やはり大きな病院に行くことをすすめられた。

手術できるかどうかは診断次第。

手術するかしないかは別としても、

ルークのため、大きな病院での診断をというのは、

治療の可能性があるのであれば

行ってみるしかないのだ。


。。。


先生に紹介してもらったのが

神奈川県藤沢市にある、日本大学の動物病院。

予約が取れたのは、

紹介をお願いしてからなんと1か月後、

4月14日だった。

膨らんでくるしこりが

気になって仕方がないし、

手術になったら、なんて考えると

泣きそうになったりしながら、




▼ ルークのことを見守る日々 。。。 (2016/3/23)
201603-P3236459.jpg




だんだん大きくなるのを見て




▼ 正直不安も感じたが、 (2016/4/6)
201604-P4066832.jpg




先生の言葉を信じて受診の日を待った。

かかりつけの病院の先生は、

大学病院に行く前に

もう一度診てくださり、

大学病院受診の3日前に



▼ 血液検査をした。 (2016/4/11)
201604-P4117204.jpg




血液検査の結果も、




▼ 16歳と思えぬほど良好。
201604-P4117223t.jpg




その結果を持って

いよいよ大学病院に連れて行く日が来た 。。。





スポンサーサイト

COMMENT

おはようございます。

 僕は大丈夫だよと云っているようなルークの表情がいじらしいです。
2016/04/21(木) 08:30:06 |URL|inkyo #yNKEkr8c [EDIT]
inkyo さん、

胸のしこりが目立ってきた以外は、いつもとかわりなく元気なルークは、大学病院に行くまでにも何度も病院に連れて行かれてさぞや迷惑に思っていたと思います。

ボクこんなに元気だよー!といつもアピールしていたみたいです。
2016/04/21(木) 08:54:24 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
おはようございます。

みちさんもルークちゃんもお疲れ様でした。
読んでいると、みちさんの気持ちがメチャクチャよくわかるので、泣きそうになりました。

ルークちゃん、
16歳にはみえませんよ!!
血液検査も良好だったし、良かったね。
これからも可愛いルークちゃんのお顔を
いっぱい見せてくださいね。
2016/04/21(木) 09:59:50 |URL|oharumama #- [EDIT]
oharumama さん、

ルークのことで切ない思いをさせてしまってすみません!oharumamaさんにもきっと辛いことを思い出させてしまいましたのですよね、本当にごめんなさい。

わたしも、他の人のブログを読んで、同じように胸が痛くなったり、泣いてしまったりすることがあります。

今回は、ルークの胸のしこりが深刻な病気というわけではなさそうでしたので、わたしもほっとしています。

ルークは病院で大変な目にあったと思いますが、これからもまだまだ元気でいてくれると思います。
2016/04/21(木) 12:01:49 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK