るくまるみかん

☆ ☆ ☆ 可愛い猫たちに癒されて過ごす日々 @横浜 ☆ ☆ ☆

09-07

2016

水抜き







この前の日曜日、

前回の水抜き処置から




▼ 3週間が経ち
201609-P9033958.jpg



▼ そろそろ限界だねー
201609-P9033959.jpg




首の膨らみが

最高にパンパンです。

。。。



水は抜いてもすぐ貯まるので

処置をしてもきりがありません。

穿刺処置の間隔は

なるべく空けたいので

できるだけ引き伸ばしていたけれど

大好きなカリカリを

食べられなくなってきたので




▼ 抜いてもらわなくっちゃね 。。。
201609-DSC_0974.jpg




遠くの日本大学の動物病院から

家の近くの病院に転院して

今回で2回目の処置です。

近くなので歩いて行けるけど 。。。




▼ 今日は車で行きますよー
201609-DSC_1048.jpg



▼ あっという間のドライブだよー
201609-DSC_1035t.jpg



▼ 楽チンだねーー
201609-DSC_1044.jpg



▼ もう着いちゃったよー
201609-DSC_1037t.jpg




転院先の病院には

ほとんど週に一回の通院です。

経過観察だったり

ステロイドの注射を打ってもらったり

他にも気になることを検査してもらったり

若い先生ですが

しっかり診てもらっています。

穿刺処置については、

最初は不安がありましたが

前回の処置に立ち合ってから

心配はなくなりました。


。。。


大学病院では、

先生は飼い主であるわたしに

熱心に丁寧に説明してくださるし

助手の先生方もわたしの話しを

詳細に聞き取ってくださるし

診療後日の電話での問い合わせにも、

助手の先生を介してではありますが

十分に対応していただきました。

転院に当たっては、

新しい病院の担当医に電話での説明と、

書面での報告書もいただきました。

大学病院の先生方には感謝感謝です。


ただ 。。。


大学病院での診察のときには、

最初にルークを預けてからは

最後にわたしのもとに戻ってくるまで

ルークがどんな様子なのか

まったく分かりません。

検査も穿刺処置もすべて

処置室の中。

これはもうそういうものなので

仕方ないというか

不満ということはないのですが、

やっぱりいつも不安がともなうものでした。

穿刺処置のあいだ、

ルークが嫌がって暴れていないか、

思いっきり拘束しなければ

処置ができないのではないか 。。。

処置の様子を先生からうかがっても、

嫌な想像ばかりが頭をよぎっていました。


。。。 変わって転院先では 。。。


わたしは先生の横にいて

エコーを当てながらの穿刺処置を

ルークをなでながら見ています。

ルークは横に寝かされ、

補助の看護師さんに保定されて

おとなしく水を抜かれます。

処置の針は思っていたより小さく細く、

心配していたような

嫌がって動いたりする様子はなく

本当にいいコにしているんです。

皮下の嚢胞であることから

針を深く刺す必要がなく

ルークにとって針を刺されることの負担は

思ったより小さいようです。




▼ 先生もいいコだってほめてたよ
201609-DSC_1058.jpg




。。。

抜いた水は今回は100ccにもなりました。




▼ ずいぶん我慢させてしまったね。
201609-DSC_1059.jpg




100ccも水を抜くには

それなりに時間もかかりますが




▼ 本当にずっとおとなしくていいコでした。
201609-DSC_1055.jpg




自分でもスッキリするのがわかるのかしら?

とは言え

このスッキリもほんの3日間ほど。

水はすぐに貯まって

1週間もすれば元通りです。

嚢胞が小さい間に




▼ いっぱい食べてくれるといいんだけどね
201609-DSC_1057.jpg




とりあえずスッキリして




▼ さ、帰りましょ!
201609-DSC_1062tt.jpg




帰りは歩いてね。

帰りはご機嫌で




▼ ハコノリですよ!
201609-DSC_1063tt.jpg




心配事はいっぱいありますが

なんとか頑張らないとね。

。。。



家に帰り着くと 。。。




▼ くったり
201609-P9044079.jpg



▼ やっぱり疲れたよね 。。。
201609-P9044080.jpg




がんばろうね、ルーちゃん!!





スポンサーサイト

COMMENT

おはようございます。

 100ccも水を抜いたとのこと、大人しく治療を受けることができ本当におりこうさんです。まだ気が抜けない状況が続くようですがくれぐれもお大事に。
2016/09/08(木) 08:26:20 |URL|inkyo #yNKEkr8c [EDIT]
inkyo さん、

こんにちは。

100ccは、ルークの痩せた体で2.5%。例えばわたしだったら1リットル強の水の量ということです。そんな量を首に抱えているのも、抜く処置もルークにとっては大変なことだと思うのですが、ずっとおとなしく処置を受けてくれることがわたしを安心させてくれます。

水を抜いてもやっぱり食べる量が少なくて、体重は減る一方なのですが、少しでも長い間元気にいてほしいと思います。
2016/09/08(木) 13:05:52 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]
るーくさん、お疲れ様でした。
本当におりこうさんですね。
でもぐったりした姿をみると、なんとかもっと水のたまる速度が遅くならないかと、何度も思ってしまいますね。
お灸とかはだめかなぁ。
2016/09/11(日) 19:59:13 |URL|puahoney #- [EDIT]
puahoney さん、

いつもルークのこと気にかけて下さってありがとうございます!

「温める」と言うことでは、いつも猫サプリを買っているショップの方からもホットタオルで「熱刺激」を与える、と言うのを教えていただきました。教わった通りの間隔で続けるのは難しいのですが、なるべくやってあげてます。

お灸とかもあるんですね...何かルークが少しでも楽になるものがあればと思っています。

それと、今ルークが食べないのは、歯肉炎を起こしているからかも知れないです。最近は口を触らせてくれるようになったのですが、嚢胞が大きくなって以来ずっと口の回りを触られると激しく嫌がっていて、あくびすら出来ないでいましたので、口の中の状態が確認出来なかったのです。今はルークも嚢胞のある状態に慣れたのか、普通に口を開けることが出来るようになってきました。久しぶりにあくびも出来るようになりました。

そこで口の中を確認すると、奥の方の歯茎が歯肉炎になっていました。それが原因なのかも知れないのですが、いずれにしても、ルークが少しでも健やかにいられるように、出来ることがあればいろいろ試してみたいです。
2016/09/12(月) 19:02:05 |URL|みち #u2uz6ZTM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK